詩織4.夕方の商店街をTシャツ1枚の下半身ハダカで歩きました

誰もいない深夜の公園周辺での下半身裸とか上半身裸では何度も歩き回って、時にはオナニーもしましたけど、人が大勢いるところでの野外露出プレイは全然した事なかったので、だいぶ露出っ娘レベルが上がってきたし、チャレンジしてみようと前々から思っていた商店街露出をしてきました!

まずは、最寄り駅まで普通に服を着て歩いて行きました。
そして、トイレに入り、そこでスカートとパンツを脱ぎ、バッグにしまいました。
着ていったのはちょっとだけ大きめのサイズのTシャツなので、風のイタズラとかがない限りは、下半身がぎりぎり隠れます。
その格好でトイレを出て、商店街まで歩き始めました。

かなり大胆に脚というかふとももの上の方までバッチリ出しているので、チラチラは見られますけど、さすがに下に何も穿いていないとは誰も考えないはずです。
ショートパンツを穿いているんだなって思われているはずなので、その先入観もあってまさか私が下半身裸で歩き回ってるとは人通りが多い中でも全然気付かれなかったです。
実際はTシャツが少しでも捲れたら、おまんこもお尻も見えちゃうとっても大胆な格好なので、気付かれなくても心臓バクバクです。
これまでしてきた深夜の公園とは違って、周りは人がいっぱいでそれこそ何百人もいるので緊張感も凄かったです。

そんな感じで、脚に視線を感じてドキドキして興奮しながら商店街に着きました。
特に買い物をするつもりもないので、まずは商店街を端から端まで歩いてみます。
アーケードを歩き始めましたけど、人混みだから逆にバレにくい感じでした。
人が少ないと、すれ違うまでにじっくり見られる分、バレる可能性も高いと思うので。
もしかしたら私が下半身ハダカだと気付いた人はいたかもしれないけど、全然騒がれることなく200メートルくらい歩いて商店街の端に着きました。

なので今度は、来た道を引き返します。
そんな感じで何往復かして人前での野外露出のスリルや羞恥を楽しんでいました。
少し余裕が出てきて、前から見られていないタイミングで少しだけTシャツを捲っておまんこを露出させたりもしました(笑)

歩きながら、もし私がTシャツ1枚しか着ていない事に気付いた誰かが、いきなり私のTシャツを脱がして奪って、そのまま走り去って行ったらどうなっちゃうんだろうとか妄想もしました。
Tシャツ1枚脱がされるだけで一瞬で全裸になるので、そしたらさすがに一発で私が全裸って見られた人全員にバレてしまうので一転して大ピンチになります。
バッグには呼びの服は入れて無くて、トイレで脱いだスカートとパンツしか入ってなかったです。
一応、万が一そういう状況になったら慌ててスカートを穿いて、バッグを胸の前に抱えて走って帰ろうって考えてました。
上半身裸がバレバレになるのはどうしようもないけど、バッグで前を隠せてるからおっぱいを見られる心配はないのは安心かなって。

このTシャツ1枚脱いだら私は全裸になるんだー、脱いだら絶対もっともっと気持ち良くなれるから脱ぎたいなーって思いつつも、この時の私にはまださすがにそこまでの勇気はありませんでした。
もっとレベルアップしたらいつか人混みの中でも全裸で歩けるようになるのかな?
とは思ってたかもです。

前から見られていないタイミングで、何度かTシャツをめくりあげて、あそこを露出させたりして感じていたので、何人かには気付かれたのかもしれませんね。
興奮してきてオナニーしたくなりましたけど、さすがに周りにいっぱい人がいるところでのオナニーは当時の私には相当難易度が高くて断念しました。
下半身をスースーさせながらいっぱい歩いて満足したので、帰ることにしました。

商店街でも問題なかったし、家に着くまでスカートとパンツは穿かないつもりでした。
帰り道の途中の細い道に入って、誰もいないタイミングでTシャツを胸上までまくり上げて、下半身もおっぱいも丸出しにしたりもしました。
直接風が当たってスースーしてとっても開放的で気持ち良かったです。
周りに人がいるところで、もっと大胆な野外露出が出来るようになりたいなって思いました。

誰もいない深夜の公園での下半身裸とか上半身裸でオナニーは何回もしましたけど、人が大勢いるところでの露出プレイは全然した事なかったので、だいぶ露出レベルが上がってきたし、チャレンジしてみようと前々から思っていた商店街露出をしてきました!

まずは、最寄り駅まで普通に服を着て歩いて行ってトイレに入り、そこでスカートとパンツを脱ぎ、バッグにしまいました。
着ていったのは大きめのサイズのTシャツなので、風の悪戯とかがない限りは、下半身がぎりぎり隠れます。
その格好でトイレを出て、商店街まで歩き始めました。

かなり大胆に脚を出しているので、チラチラは見られますけど、さすがに下に何も穿いていないとは誰も思わないでしょうし、ショーパンを穿いているんだなって思われているはずです。
実際はTシャツが少しでも捲れたら、おまんこもお尻も見えちゃうとっても大胆な格好なので、気付かれなくても心臓バクバクです。
そんな感じで、脚に視線を感じて興奮しながら商店街に着きました。

特に買い物をするつもりもないので、まずは商店街を端から端まで歩いてみます。
そこそこ人は多いですけど、多分誰にもバレることなく、歩けました。
今度は、来た道を引き返します。
そんな感じで、何往復かして露出のドキドキを楽しんでいました。

歩きながら、もし、私がTシャツ1枚しか着ていない事に気付いた誰かが、いきなり私のTシャツを脱がして奪って、走り去って行ったらどうなっちゃうんだろうとか妄想しながら歩きました。
このTシャツ1枚脱いだら、私は全裸になるんだなー、脱ぎたいなーと思いつつも、さすがにまだそこまでの勇気はありませんでした。
もうちょっとレベルアップしたら脱げるようになるのかな?

前から見られていないタイミングで、何度かTシャツをめくりあげて、あそこを露出させたりして感じていたので、何人かには気付かれたのかもしれませんね。
興奮してきてオナニーしたくなりましたけど、さすがに周りにいっぱい人がいるところでするのは当時の私には難しくて断念しました。
帰りに細い道に入って、誰もいないタイミングでTシャツを胸上までまくり上げて、下半身もおっぱいも丸出しにしたりもしました。
直接風が当たってスースーしてとっても開放的で気持ち良かったです。
周りに人がいるところで、もっと大胆な露出が出来るようになりたいなって思いました。

コメント