銃を持った男が中学校の教室に入ってきて全裸ストリップを強要された結果…

こんにちは、私は良く言えば物静かで儚げな少女、悪く言えば根暗な女子中学3年生です。
人と話すのが得意ではなく、本を読むのが好きなので、休み時間も1人で本を読んでいることが多いです。
それと、貧乏なので高校では学費免除の特待生を狙う為に毎日真面目に勉強してます。
なので、特にイベントが起きるわけでもなく平穏な中学校生活を過ごしていました。
ところが、先日ビックリするような出来事が起こったので聞いてください。

その日、私は日直の1人だったけど、もう1人の日直の男子が急いで部活に行かないといけなかったので、放課後に私1人で黒板を消して、黒板の日付を明日の日付に書き換えて、黒板消しをクリーナーで綺麗にして、教卓を整頓して、日誌を書いてという作業をしていました。
後は戸締りをして、教室の鍵を職員室に返して帰るだけだったけど、いつもは放課後に教室に残ってる人なんてそんなに多くないのに、なぜか男子が何人も残っていました。
トランプとかお喋りをしてるみたいでしたけど、自分から積極的に男子に声をかけたりは出来ない性格なので、男子たちが帰るまで待つしかありませんでした。
ただ待ってるだけだと時間が勿体ないので、どうせ家でやらないといけない宿題をしていました。

そしたら突然、教室の前のドアが乱暴に開かれて、覆面を被った男が入ってきて、銃をこっち側に向けて、
「全員手をあげてそっちの隅に集まれ! 殺されたくなければ早くしろ!」
と言ってきました。

正直、かなりビックリしたし、男子たちもみんな大人しく従ってるので私も同じように教室の隅に行きました。
でも、あの銃本物なんだろうか?って思ってると、近くにいた男子たちが小声で、
「あれ、本物だよ、僕は銃に詳しいからわかる」
「俺も本物だと思う、どうしよ俺たち殺されるかも」
「取り敢えず大人しく従おう、要求通りにしてたら大事な人質だし殺されることはないと思う」
って言うので、銃とか全然詳しくない私は、あの銃、本物なんだって思うしかありませんでした。
そして、この若さで死ぬのは嫌だなぁとか、撃たれたら痛いんだろうなぁとか、勉強ばっかりでまともに青春を送ってこなかったことを後悔したりしていました。

覆面男は、スマホで仲間と連絡を取り合ってるみたいでした。
「こっちも制圧した」とか「後10分だな了解した」とか言ってました。
何が10分かわからないですけど、まさかこの平和な日本の中学校でスクールジャックに遭うとは考えもしませんでした。

「10分暇だ、おい、女、脱げ、大人しく従ったら命は保障してやる」
って言われました。

教室には10数人の男子と、女子は私1人だけでした。
いやいや、人前で脱ぐとか絶対無理!
って思ったけど、脱がないと殺されそうだし、一緒にいる男子たちも、私がストリップさせられたことは絶対に秘密にするって言ってくれたので、殺されたくないので脱ぐしかありませんでした。

指示された通り、教室の真ん中で、セーラー服とスカートを脱ぎました。
10分経ったら、解放されるかもなので、覆面男の機嫌を損ねない程度に時間をかけて脱ぎました。
男子の反応を見るのは怖いので、後ろは振り向きませんでしたけど、私以外は男の人しかいない教室で、1人だけ下着姿になるなんて滅茶苦茶恥ずかったです。
服を脱げとしか言われてないので、なんとか下着姿で許してくれないかなって思いながら、下着姿でもじもじしていると、
「何をしている? 早く下着も脱げ」
と言われてしまったので、希望は消えました。

彼氏出来た事もないので、両親以外に胸を見られるのは、幼稚園振りかもって思いながら、諦めて手を後ろに回してブラジャーのホックを外して、腕から抜きました。
手で隠すなとも言われないので、左手で両胸を隠しつつ、パンツを脱ごうとしたら、
「手で隠すな」
と言われたので、隠してた手を下ろして、意を決して両手でパンツを下ろして、足から抜いて自分の目の前の床に落としました。
机の上に置くことも考えたけど、そうしたら後ろにいる男子たちから、ブラジャーとパンツが見えてしまうので、床の方がマシって無意識に判断したんだと思います。

教室で1人だけ全裸になって、ものすごく惨めで恥ずかしかったです。
もし、教室に私以外の女子も残ってたら、女子全員一緒に脱がされてたのかな?
それとも、誰か1人が指名されて、1人だけ脱がされてたのかな?
って意味の無い事を考えてたら、
「手は横にしろ」
って言われました。

体を隠すと怒られるから、両手は邪魔にならないように後ろで組んでました。
そうすると、後ろにいる男子たちからはお尻が見られないからです。
覆面男から見えていれば問題ないって思ってたので、まさかの要求でしたけど指示通り手は横に下ろしました。

しばらくの間、両胸とあそこを見つめられてから、
「なかなかいい体してるじゃねーか。 よし、ケツも見たい、後ろを向け」
って言われてしまいました。

これまで男子たちをなるべく意識しないようにしてたけど、振り返ると男子たちに両胸とあそこの毛を見られてしまうし、どうしても視界に入ってくるので意識してしまいます。
でも逆らえないので、覆面男にお尻を向けて、男子たちの方に振り返るしかありませんでした。
緊急事態とはいえ、同級生の女子が目の前で全裸になってるから、思春期の男子としてはじっくり見てるのかなって思ってたけど、意外なことに全員下を向いて、私の裸を見ないようにしてくれてました。
ちょっと感動してたところに、
「おい、ガキ共、折角クラスメートの女子が裸を見せてくれてるんだ、下を向いてないでしっかり見てやれ」
こう言われてしまうと、男子たちも言う事を聞くしかないので、仕方ないっていった感じで顔をあげて私の裸を見てきました。
どうしてこんな目にって思いながら、あと数分の我慢って信じて頑張って耐えてました。

不思議なことに、ものすごく嫌なのになぜかドキドキしてきました。
もしかして吊り橋効果?
殺されるかもしれないという不安なドキドキと、恋愛感情のドキドキを混同しているみたいな現象です。

不安いっぱいだし、早く終わって欲しいって気持ちが強かったけど、若干ドキドキして気持ち良い感情も芽生えてきたところで、
突然、教室の前後のドアから1人ずつ男子が入ってきました。
この状況を知らずに入って来て、騒いだりしたら殺されるんじゃって思って何か言わないとって思ってたら、なぜか男子たち全員が私の周りに寄ってきました。
勝手な行動すると殺されるんじゃって慌てていると、男子たち全員が土下座をして、
「ごめんなさいっ!」って言ってきました。

え?
って思ってると、覆面男も土下座して一緒にごめんなさいしてました。
いきなりの急展開に戸惑ってると、覆面男が覆面を外しました。
なんと、正体はクラスで一番背が高いバスケ部のF君でした。
覆面をしていて声がこもってたし、低い声に変えて喋ってたので声で気付けませんでした。

どういうことか聞いてみると、同級生の女子の裸をなんとか見たいって男子たちが思ってたらしく、でも裸を見せてくれって言って素直に見せてくれる女子はいないだろうから、一芝居打ったみたいです
何度も入念に話し合って準備して、私が日直で放課後残ってる日を狙って、他の女子はジャンケンで負けた男子が連れ出してって感じで1ヶ月以上前から計画が始まったみたいでした。
うっかり先生たちが教室に入って来ないように、前後のドアの前もしっかり見張ってたし、計画に参加してない人たちに知られないように配慮もしてくれてました。
なんで特に仲良い男子がいない私がターゲットにされたか聞いてみたら、大人しくて優しそうだから先生や親に訴えたりしなさそうだったし、目立たないけど可愛いしおっぱいもあるから密かに男子人気が高くて話し合いで選ばれたって聞かされました。
正直、私は全然人気無いと思ってたから、そこは結構嬉しかったです。

ネタ晴らしされて、命の危険が去って一気に緊張が解けたのもあったし、元々結構おしっこを我慢してて、おしっこしたくなったのでトイレに行く為に慌てて下着と制服を身に着けようとしたけど、我慢し切れずに教室で全裸のままお漏らししてしまいました。。。

私が中学3年生にもなって、しかも男子たちの前で全裸でお漏らしして恥ずかし過ぎて泣いてたら、男子たちが急いでタオルと雑巾を持ってきてくれました。
私の脚とふとももとあそこをタオルで拭いてくれて、床は雑巾で拭いてました。
おしっこも拭いてもらったし、恥ずかし過ぎて急いで下着と制服を着ようとしたら、
「出来れば制服を着るのはちょっと待って欲しい」
って言われました。

「なんで?」
って言ったら、
「正直、少しでいいからおっぱいを揉みたい」
「揉んだ事ないし、いつ揉める機会がくるかもわからないからお願いします」
「お願いします」
って言われてしまって、さすがに無理だし下着を身に着けようとしたら、袋を渡されました。
中身を見ると、商品券、図書券、Amazonギフト券、itunes cardとかが何枚も入ってました。
数えてみたら3万円分ありました。
中学生にとっては、かなりの大金です。
現金はさすがにまずいけど、でもさすがに全裸にさせておいてごめんなさいだけで済むとは思ってなくて、この計画に参加した男子たち全員でお金を出し合って買ったそうです。
もう一つ袋を渡されて、そっちは大量のお菓子が入ってました。

渡された後で、お漏らしした事は絶対に誰にも言わないし、このことはここにいる男子たちだけの秘密にするって言われたし、お小遣いが月1000円しかない私にとっては3万円は物凄く大きな額だったから、なんかいっぱい貰えて気分良くなったのと、もう全裸をたっぷり見られてしまったからここまできたらって思ったのもあったのか、両胸を揉むのを許可しました。

男子たちはガッツポーズしたり、両手をあげたりして大喜びしてて、それは素直に可愛かったです。
でも、いつまでも全裸でいるわけにはいかなかったから、1人5秒って言ったらさすがに短すぎるって言われて、結局1人15秒ずつ揉ませることになりました。
男子に裸を見られるのも、幼稚園の着替えの時以来だし、両胸を揉まれるのは当然初めてでした。

うっかり教室に誰か入って来ても私の裸が見られないように、男子たちが壁をしてて1人ずつ反対側で両胸を揉んできました。
強く揉まれると痛いかなって思ってたけど、みんな優しく揉んでくれました。
滅茶苦茶嬉しそうに大切に揉んでくれたので、ものすごく恥ずかしかったけど悪い気はしませんでした。
15人くらい順番に揉み終わってから、ようやく下着を着けて制服を着ました。

いっぱい謝られて感謝されて、また報酬を用意するから、来月も彼女がいない俺たちの為に裸を見せて軽く触らせて欲しいって言われてしまいました。
すぐに答えは出せなくて、
「考えとくね」
とだけ言って、帰りました。

正直、全裸を見られたのはショックだったけど、用もなく男子と話をすることは殆どなかったし、あんなに男子たちにいっぱい喜んでもらって感謝されて物も貰えたのは人生初だし、終わってみたら良い思い出です。
ちやほやされるのは悪い気はしなかったし、恥ずかしいのを少しの時間我慢するだけで、私も相当儲かるのでまた触らせてあげるつもりです。

コメント