全裸宅配ピザ露出をした時のことを報告します

誰かに裸を見られたいけど、外で全裸を見られるのって露出初心者にはちょっとハードルが高いかもって思ったので、宅配ピザを注文して、宅配のお兄さんに全裸を見せる作戦を実行する事にしました。
わりとやっている人は多いみたいですし、定番露出プレイですよね。
これなら家にいながら安全に全裸を見てもらえます。
グラビアアイドルや女優でも、家では裸族を公言していて、父や兄の前でも全裸って人も中にはいたし、家の中で全裸ならそこまで不自然ではないはずです。

でも、堂々と全裸でドアを開けたら露出狂だとバレてしまうかもだし、よくあるパターンのお風呂に入っていて慌てて出てきた風を装う事にしました。
いつもピザを頼む時は、今すぐ配達を選ぶことが多いけど、そうするとピザを注文してすぐにお風呂に入って、全裸で受け取るちょっと変な人になってしまうので、朝のうちに予約注文して、夜に配達してもらう事にしました。
これだけ時間を空ければ、うっかり忘れててお風呂に入っている事もありますよね。

計画通り、予約した時間の10分前にお風呂に入りました。
ピンポンが聞こえないと困るので、お風呂のドアを少し開けておきました。
これから見知らぬ男の人に全裸を見せるんだと思うと心臓ドキドキでしたね。

遂にインターホンが鳴りましたけど、お風呂に入っているのにすぐに出るのはおかしいかなと思って、最初のインターホンは心の中でごめんなさいと謝りつつも見送りました。
2回目のピンポンが鳴ってから慌ててお風呂を出て、バスタオルを体に巻きました。
普通はバスタオルが落ちないように、バスタオルの端っこを内側に折り込みますけど、今回はバスタオルが落ちないと意味が無いので、折り込まずに脇で挟んだだけでした。
そうすると、腕を緩めるだけで、いつでも簡単にバスタオルを落とせて、全裸を見せる事が出来るというわけです。

緊張しながらドアの前へ行き、ドア越しに声をかけたら、狙い通り男の配達員の方だったので、意を決してドアを開けました。
多少ビックリしていましたけど、お風呂に入っていてバスタオル姿で出てくる人なら稀にいると思いますし、「すみません、ピザ頼んだ事を忘れててお風呂に入っていました」って言いました。
ここまではまだ私も普通の人なので、特に不思議に思われずに納得してくれてピザを手渡してきました。

練習通り、ピザを受け取る為に手を伸ばした時にバスタオルがはらりと落ちて全裸姿を見せる事に成功しました。
見られた瞬間、すごいドキドキして最高でした。
でも、紳士な人だったのか普通の人の反応なのか、「あ、すみませんっ!」って言われながら、すぐに目を逸らされたので、私の全裸姿は一瞬しか見られませんでした。
色々厳しいご時世だし、さすがに堂々と女性の全裸姿を見続ける人はなかなかいないみたいです。

事前のシミュレーション通りの展開なので、内心はめちゃくちゃドキドキしながら、冷静な風を装って、「大丈夫ですよ~、ちょっと巻き方が甘かったみたいです、おいくらですか?」って全裸のまま聞きました。
でも、突然のアクシデントに彼はかなり動揺してたみたいで、私がすぐにバスタオルを巻き直すと思っていたのか、目をそらして気まずそうにしていたので可哀想だと思ったし、「夏は暑いし冷房は体に悪いのでなるべく付けないようにしてて、家では裸族なので気にしないで大丈夫ですよ」って言ってあげました。

彼も絶対に私のを体を見たいはずだし、見ても大丈夫アピールをしたにも関わらず、紳士なのか臆病なのか、私の体を見ないように、横を向いたまま、「あ、2,640円です」って言ってきたので、結局一瞬しか見られなかった不満もあり、ちょっと怒った演技してみました。
声を低くして、「あの、そんなにずっと露骨に目をそらされていると、私の体が見たくもないものだと思われるみたいで嫌なんですが・・・」と圧をかけてみました。
彼は、「あ、いえ、その」とか慌てていたので、「ちゃんと接客してください、お願いします」って迷惑そうに言ってみたら、さすがに彼も落ち着きを取り戻したのか、「すみません」って一言謝ってから、こっちを向いて、「2,640円です」って言ってきました。
料金は勿論知っていましたし、より長く全裸を見てもらう為に、予めお財布には2,517円しか入れていませんでした。
私が、「2,640円ですね~」って言いながらお財布からお金を取り出したけど、全部出しても当然2,517円しかなくて、「ごめんなさい、ちょっと足りなくて、2,517円しかないです、どうしましょう?」って困った風に言いました。
彼はどうやらかなり優しい人みたいで、「あ、じゃあそれで大丈夫ですよ」って言ってくれたんですけど、さすがにそういうわけにはいきませんし、何より全裸のまま初対面の男の人と会話しているという最高の状況を少しでも長く楽しみたかったので、「さすがにタダでお金をもらうわけにはいかないので、コンビニでお金下ろしてきますね」って言った後に、「でも、次の配達もあるでしょうし、20分くらいお待たせするのは難しいですよね?」って言いました。
当然彼も、「そうですね・・・、困った時は助け合いだし、やっぱり料金は大丈夫ですよ」って言ってくれたので、私もこれで最後って思って、「うーん、じゃあ、足りない分、私の体触ってくれませんか?」って言いました。
彼は、「えっ!?」ってビックリしてましたけど、「時間も無いし、でもタダで施しを受けるのは私も納得出来ないので、今すぐお金以外で価値を提供出来るとしたら体くらいしか思い付かなくて・・・」と冷静に説得しつつ、折角だしどうせなら見てもらうだけじゃなくて体も触ってもらった方が気持ちいいので、事前に計画していました。

時間も無いし、彼も一生に一度あるかどうかのチャンスを逃したくないでしょうし、「いいんですか?」って聞いて来たので、「はい、大丈夫です、どこ触りますか? やっぱりおっぱいですか? 男の人はみんなおっぱい大好きですよね?」って言って、万が一、肩とか頬っぺたを触られて終わる事態を避ける努力をしました。
その甲斐もあって、彼も「じゃあ・・・」って遠慮がちにおっぱいを触ってきました。
おっぱいを触られる瞬間は思わず「あっ///」って声が出ましたけど、「ごめんなさい、ちょっとビックリして、触っても大丈夫ですよ」って誤魔化しました。
乳首も勃ってたから、だいぶバレバレな気はしましたけど、100%露出狂だとは思われないように、頑張って声を押し殺してました。
あえぎ声を出してしまったら、自分から私は変態露出狂女ですって白状してるようなものだから、そこだけはなんとか死守って感じでしたね。
時間も無かったので、片手で20秒ずつ?くらい揉まれて終わりました。
しっかりとおっぱいの感触を堪能してから、彼はお礼を言って去っていきました。
私もお礼を言ってドアを閉めてから、見られたドキドキ感や、おっぱいを揉まれた感触が薄れないうちに、玄関前にバスタオルを敷いて、寝転がってオナニーしました。
1~2分で気持ち良く逝けて、こんなに早く逝った自分に驚きでした。

彼は、缶ジュース1本分のお金で、私の全裸を見れて、しかもおっぱいまで揉めたんだから、滅茶苦茶得したと思います。
私のおっぱいを揉んでる時は、すごく嬉しそうでしたし。
この出来事をバイト仲間に自慢したり、Twitterでツイートしたりするのかもしれませんね。

私も楽しかったし、これなら安全に初対面の男の人に見て触ってもらえるってわかったので、またやりたいなって思いました。
もし、これを見ている露出プレイに興味がある女の子がいましたら、是非やってみてください。
本当にオススメですよ。

コメント