喧嘩の仲裁で、服を脱いで全裸になって顔をおっぱいで挟んで「にゃんにゃん♪」して仲直りさせました

私は争いごととか喧嘩が大嫌いです。
痛いし怖いし悲しいし、好きって子はいないとは思いますけど。

みんなが優しい人になって世界が平和になればいいのにっていっつも考えてるけど、世界中では毎日のように戦争が起こっているみたいだしなかなか難しい問題です。
せめて私の目が届く範囲内くらいでは平和に過ごしてほしいものです。

学校帰りの空き地から、そんな平和主義者な私の耳に、「おらー!」「やんのかこら!」みたいな男同士の喧嘩の声が聞こえてきました。
ふえーんって泣きたくなったけど、でも目て見ぬ振りも出来ないし、なんとか止めないとって思いました。
勇気を振り絞って「喧嘩はやめてっ!」って言ったけど、私の声が小さいのか聞こえてないみたいで、つかみ合いに発展して、一刻の猶予も無いって思った私は、最初から究極の手段を取る事にしました。

その為には、まず全裸にならなければならないのです。
ただでさえ非力な女子高生の私が、全裸という一番弱い状態になって訴える効果は絶大だとクラスの男子に教えらえたので、実行するなら今しかないって思ったのです。
正直、恥ずかしいから出来ればしたくなかったけど、でもなんとか仲直りさせる為には一肌脱ぐしか有りません。

恥ずかしがってる場合じゃないし、慌てて制服を脱ぎ捨てて下着姿になって、そのままの勢いでパンティーとブラジャーも脱いで全裸になりました。
喧嘩している2人以外にも、お互いの仲間っぽい人達とか、通行人の人とかも何人か見ていたので、その人たちに気付かれて、それから喧嘩している2人にも気付かれました。

取り敢えず、私の裸を見て手を止めてくれて助かりました。
でも、ここからうまく立ち回らないとまた喧嘩が再開されてしまうので死ぬほど恥ずかしいけど、クラスの男子に教えられた『可愛い女の子にしか出来ない男が怒りを収める究極の方法』をする事にしました。

急に現れた女子高生が突然服を全部脱ぎ捨てて全裸になったから、みんな軽く混乱してたみたいです。
その隙を付いて、喧嘩している同い年くらいの男子2人の前に行き、「どっちでもいいから1人、前に出てください」って言ったら、2人は顔を見合わせながら、「じゃあ俺が」って感じで一人が前に出てきてくれました。

初めてやるので上手くいくかわからなかったし、不安もあったので「恥ずかしいけど一生懸命頑張るから怒らないでね?」って断りを入れてから、前に出て来た男子の顔を私のEカップおっぱいで挟み込んで「にゃんにゃん♪」って言いました。

もう恥ずかし過ぎて、もし効果無かったら死んじゃう!
って思いながら、おそるおそる様子を見てみたら、なんか怒りが消し飛んだような幸せそうな顔をして「やわらけー、めっちゃ癒されたわ、最高ー」って言ってくれたので一安心です!

そして、もう一人の男子も「ちょ、ずるい。 俺にもやってもらっていい?」って聞いて来たので、「いいですよーw」って言って、同じように顔を生のおっぱいで挟み込んで「にゃんにゃん♪」ってやってあげたら、ぽけーっとした顔になって「マジ最高っす!」ってなって、2人とも完全に喧嘩を止めてくれたようで本当に助かりました。

冷静になってくれたみたいなのでなんで喧嘩してたのか話を聞くと、すれ違う時に肩がぶつかって、それで「謝れや」とか「お前の方からぶつかってきたんだろ」みたいな感じで言い争いになって、どちらも引けなくてエスカレートして取っ組み合いになってたみたいです。
どっちからぶつかったとか今更確認しようがないし、事故というのはお互いの不注意で起こる事なので、どちらかがしっかり前を見て注意していれば避けられたはずだし、なんとか言葉を選びつつも必死にそう伝えたらわかってくれました。

無事解決したみたいだし、必死になって忘れてたけど、2人ににゃんにゃん♪し終わってからも、私はずっと裸で、しかも身体を隠すのも忘れてずっと話をしていたんです。
我に返るとなんて恥ずかしい事をしちゃったんだろうって思って手で身体を隠そうとしたら、「あ、隠さないで。 隠されるとまたこいつと喧嘩しちゃいそうな気がするんだよ。 なー?」「あー、確かにそうかもな。 男はみんなおっぱい大好きだし見てて癒されるからしばらく見て落ち着きを取り戻したい」って言われちゃって、ここまで恥ずかしい思いをして頑張ったのに、また悲しい思いをするのは嫌だから「わかった、そういう事なら見てていいよ?」って言って、でもじーっと身体を見られてるだけなのは恥ずかしいので気を紛らわす為に、周りで見てた人達も加えてみんなで楽しくお喋りしました。

時々、私の身体についてのエッチな質問とかされて、それ完全にセクハラだよって思いつつも全部正直に答えてあげました。
「滅茶苦茶可愛い」とか「おっぱい大きいし超綺麗だよね」とか褒められまくったのは女の子として素直に嬉しかったですw

そして、喧嘩してた2人だけじゃなくて俺達にもにゃんにゃん♪して欲しいって言われちゃって、押しに弱い私はそのまま全員に、一人ずつ顔をおっぱいに挟んで「にゃんにゃん♪」ってしてあげました。
みんな幸せそうで、私まで幸せな気持ちになりました。

お話自体は楽しかったけど、でも初対面の男の人達に囲まれて私一人だけ素っ裸だと、露出狂では無いけど生理現象で乳首が勃ってきちゃって、それを指摘されました。
「違うの、興奮してるわけじゃないの。 これは生理現象だからっ!」って言い訳しましたけど、全然認めてくれず、「興奮してるんでしょw正直に言っていいよ?」って言われちゃって、まあ裸を実際興奮してたのも事実だし、この人達なら打ち明けてもいいかなって思ったので観念して、「実は見られて感じちゃって、乳首だけじゃなくて下も濡れちゃってます///」って言っちゃいました。

恥ずかし過ぎて穴があったら入りたいって思いましたけど、私が裸を見られて興奮してる女の子だって知られても、馬鹿にしたりせずに理解を示してくれた事に救われました。
でも、ずっと全裸でいるわけにもいかないので、そろそろ帰らなきゃって言うと、「最後におっぱい触ってもいいっすか!?」「ずるい俺も!」「俺はお尻がいい!」等みんなに言われちゃっいました。
私もちょっと触られてみたいって思ったのもあったし、見せるだけで触らせないのも悪いって思ってたのと、これまで触らず我慢してくれてた紳士なみなさんに恩返しをしたかったので許可する事にしました。

一度に全員は触れないので、何人かずつに分けて、おっぱいと乳首とクリトリスとお尻とふともとかいっぱい触られちゃいました!
「処女だから、あそこに指を入れられるのだけは怖いからごめんね?」って言ったら、ちゃんと守ってくれて嬉しかったです。

私も女の子だからたまにオナニーくらいはしますけど、自分で触るよりも男の人に触られた方が断然気持ち良くてビックリしました。
想像以上に気持ち良くて、ずっと触られてたいって思っちゃったけど、おかしくなっちゃいそうだし、エッチな女の子と勘違いされても困るので、全員に一通りじっくり触られたところで「おしまい」って言って、みんなに見守られながら服を1枚ずつ着て、いつもの制服を着ている私に戻りました。

「またお願いします」って言われちゃったので、「じゃあそれまで喧嘩せずに仲良くしてたらいいよw」って言って、お家に帰りました。
最初は無我夢中って感じだったけど、自分の部屋に戻って冷静に考えると、私はなんていうとんでもない事しちゃったんだろうって思っちゃいました。。。
でも思い通りにいったし、後悔はしてないし、気持ち良かったのも事実だし、触られた時の事を思い出しながらいつもより激しくオナニーしちゃいましたw

また、触られる時が今から楽しみです。
これからは私のおっぱいで、目の届く範囲内だけでも幸せにしていこうって誓いました。

コメント