ホテルのオートロックで全裸締め出しされてしまったOLです

しがないOLですが、私が盛大にやらかしてしまって、不本意ながら羞恥露出プレイを行ってしまった時の事を懺悔致します。

その日は出張で一人でホテルに泊まっていて、夜にルームサービスでお洒落にパスタなんかを頼んでおいしく頂いて、お風呂に入ってバスタオルで身体を拭いてから、部屋では裸族なので全裸でくつろいでいました。
あくまで全裸なのは部屋の中でだけなので、全裸のままで外へ出るなんてとんでもないです。
純粋に全裸でシーツに包まれる感触とかが気持ち良くて好きなのです。

寝る前にルームサービスのトレーを部屋の外に出しておかなければってなりまして、でもトレーを部屋の外に出す数秒間の為だけにわざわざ服を着て脱ぐのはめんどくさいって思ったし、この時はちょっとお酒も入っていて気が大きくなっていたせいか、夜だし廊下を歩いてる人もそんないないだろうし、一瞬だけなら全裸のままでも平気だろうって思ったのです。

早速トレーを手に持って、ホテルの部屋のドアの前に行きます。
そして、冷静にドアを少しだけ引いて開けて、顔だけ出して左右をキョロキョロして誰もいない事を確認します。
予想通り誰もいなかったので、今のうちって思って全裸のまま外へ出て、うっかり部屋を出た時に踏んだりしないように、部屋のドアの横にトレーを置きます。
かなり大胆な事しちゃったけど、露出狂では無いのでこのままドアを開けて部屋に戻ります。
と思ったけど、ドアが閉まってるし開きません。
あれ、故障かな?
って思いましたけど、ホテルのドアって手を離すと勝手に閉まってしまうし、今はどのホテルもオートロックが基本ですよね。

うっかり鍵を持たないままホテルの部屋を出てしまって、締め出されて部屋に戻れなくなったみたいな失敗談を聞いた事はあります。
外出する時はキチンと鍵を持って行くし、自分はそんなミスは犯さないだろうって考えていました。
『自分は詐欺になんて引っかかるわけがない』って思ってる人ほど、詐欺に引っかかりやすいというデータもあるらしいし、一瞬の油断が命取りですね(´・ω・`)

ただ部屋から閉め出されるだけならただの笑い話だし、フロントへ連絡すれば鍵を開けてもらえるので特に問題はないのですけど、よりによってお茶目に全裸で一瞬部屋の外へ出た時に限って締め出されるなんて本当にツイてないです(涙)
まあ、私の場合は外出する時はちゃんと鍵とかお財布とかスマホを持っているかキチンと確認するので、締め出されるとしたらこういう一瞬外に出てすぐに戻るつもりの時くらいなので全裸締め出しをくらうのは運命だったのかもしれません。

最初は気が動転してドアをガチャガチャしていましたけど、当然開くわけもなく。
酔いが醒めて来て、冷静に状況を把握しようと努めて、トレーを置く為にドアから手を離した隙にドアが閉まって、全裸のまま部屋の外にオートロックで締め出された事を認識して絶望しました。。。

部屋の外にホテルの内線の電話も無いホテルだし、全裸のまま歩いて1階のフロントまで行くしかないのかなって途方に暮れていたら、3つ4つ離れたところの部屋のドアが開いて男の人が出てきてしまいました。
突然の事でパニくりましたけど、背を向けるのは怖いので、反射的にドアに背を向けておっぱいを右手で、おまんこを左手で隠しました。

その男の人は、全裸の私をチラッとだけ見て何も言わずに通り過ぎて行きました。
想像でしか無いですけど、カップルでのハードな調教プレイとかと勘違いされたのかもしれません。
完全に事故なんですけどね。

正直、この男の人が代わりにフロントに行ってくれるのが理想ではありますけど、でも通り過ぎて行ったのを全裸のまま呼び止める勇気もなく、時間を取らせるのも悪いという気持ちもありましたし、見送りました。
じっとしているだけでは何も解決しないし、また誰かが廊下に出て来て見られてしまうだけだし、でも全裸のままフロントに行く勇気もとてもなく完全に詰んでいましたけど、明日朝早いから部屋に入って寝ないと仕事に差し支えてしまうという社畜魂のおかげで、フロントへ向かう気力が湧いてきました。

そして、誰も来ない事を祈りつつ身体を隠しながらエレベーターの前に着きました。
ボタンを押してエレベーターが降りてくるのを待って、エレベーターが着いたから急いで乗り込もうとしたら男の人が乗っていました。
エレベーターが6階から1階に移動するまでの僅かな時間とはいえ、全裸のまま男の人と密室で2人きりになるのはさすがにまずいと思って見送ろうとしましたけど、でも次にまたエレベーターが降りて来た時にも誰かいないとは限らないし、下手したら人数が増えるかもしれないし、一刻も早く部屋に戻らないといけない私は、覚悟を決めて全裸のままエレベーターに乗り込みました。。。

エレベーターに乗り込んだ後は、ボタンを押さないといけないのでおっぱいを隠していた手を外し、1Fのボタンと閉ボタンを連打しました。
斜め後ろからおっぱいを見られていたと思います。
そして、話しかけないでくださいオーラを出しつつ、エレベーターのボタンの前で縮こまって身体を隠して立っていました。
お尻は見られているけど、おっぱいとおまんこを見られる方が恥ずかしいし、顔を向ける勇気が無かったので仕方ないです。
まさかいきなり目の前に全裸の女が現れたからといって、突然ペニスを取り出してエレベーター内でバックで挿入してくるほどアグレッシブな人はいないと思いますので身の危険はないはずです。

そしてお互い無言のままエレベーターが2階に着いて、何もせずに男の人は降りて行きました。
全裸を晒していた時間は多分20秒とかだったのかもしれませんけど、何倍にも長く感じました。
いくら私が全裸とはいえ、だからといって触ってもいい理由にはならないし痴漢は犯罪ですからね。
これを読んでいる皆様も、全裸の女がいきなり現れたからといってお触りは厳禁ですよ(´・ω・`)?

無事1階に着いたわけですけど、夜とはいえ、まだ22時とかだったので、こっそり様子を伺うとフロント前のソファーとかに普通にちらほら人がいました。
待っていても解決しないので、こそこそと身体を隠しつつフロントの前へ行き、前の宿泊客の後ろに律義に並びます。
全裸だから順番譲ってくださいなんて主張は当然出来ませんので。

でも、異常を察して何も聞かずに、
「お先にどうぞ」
って言ってくれるジェントルマンだったので、お礼を言って順番を譲ってもらいます。

ホテルマン「お客様!? 如何なさいましたか?」
私「あの、ルームサービスのトレーを部屋の外に出した時に締め出されてしまいました・・・。」
ホテルマン「了解しました。 ではお名前とお部屋番号をお願いします」
私「〇〇 ○○〇です。 部屋番号はロクサン・・・最後の番号忘れちゃいました」
ホテルマン「えーわかりました。 ・・・637号室のお客様だと思われますが、何か身分を証明出来るものはお持ちでしょうか?」
私「え~っと、見ての通り全裸なので無いですね(涙)」
ホテルマン「そうですよね(笑) ですが、セキュリティ上、お名前とお部屋番号だけで鍵をお開けする事は出来ないんですよ」
私「はい・・・。 大変申し訳ないです」
ホテルマン「とはいえ、さすがにこのままにしておくわけにはいきませんので、スタッフが付いて行きますので指示に従ってください」
私「わかりました」

迷惑を掛けてしまったという想いと、服を着ている人達が何人もいる中で私一人だけ全裸という惨めな状況で泣きそうになりました。
でも、なんとかしてくれるみたいなので、順番を譲ってくれたジェントルマンに一言お礼を言おうと振り返ったら、スマホを私の方に向けて手に持っていました。

私が突然振り返ったものだから、慌ててスマホで何か操作してからポケットに入れていましたけど、もしかして動画撮られてた?
順番を譲ってくれたのも、後ろから私のお尻を撮影する為?
という気持ちが芽生えましたけど、単に時潰しにスマホを触っていた可能性も勿論ありますし、もし追及して無罪だった場合、親切にしてくれた人に恩を仇で返す事になりますし、盗撮冤罪をかけてしまったという罪悪感も芽生えます。

何より盗撮されていたとか騒ぎ立ててしまうと、その分、私が部屋に戻れる時間が伸びて恥ずかしい目に合う時間も伸びてしまうので、もやもやはしましたけど、当初の予定通り、
「ありがとうございました」
とだけ伝えて、先導してくれるホテルマンの人に着いて行きました。

普通こういう時って、女性のスタッフを付けてくれるのだと思っていましたけど、普通に男性スタッフでした。

ホテルマン「災難でしたね」
私「本当にそうです」
ホテルマン「オートロックで締め出されてしまう人は結構いるので落ち込まないでください」
私「はい(涙)」
ホテルマン「6階に着きました、どうぞ」

前を歩いてくれたいいのに、なぜか先にエレベーターを出るように言われました。
やっぱりこの人も後ろから私の裸が見たいのでは?
って思いましたけど、今回の件は私に非があるしお手数おかけしてしまっているのは確かなので何も言わない事にしました。
廊下に私が置いたトレーがあったので、

私「この部屋です。 ちゃんと私が置いたトレーもあります」
ホテルマン「かしこまりました。 後はお任せください」

身分証を持っていたら、すぐにドアを開けてくれたんでしょうけど、全裸なのでドアのチャイムを鳴らしたり、ドアをノックしたりしていました。
本当に中に誰かいないのかを確認していたのだと思います。
セキュリティ上当然とはいえ、鍵を開けに来たもう一人のスタッフさんも男の人だったので、2人の男の人の前で全裸のまま立ち尽くす時間はなかなか辛かったです。

しばらく待っても反応が無いのでドアを開けてくれる事になりましたけど、私はまだ入れないらしく、身分証明書があるのはどこか聞かれ、それに答えてからドアを開けてくれましたけど、まだドアの前で待機です。
その間も、1人廊下を通って行く人がいたので見られてしまいました。。。

1人だけ部屋の中に入って行かれて、私が教えた場所からバッグを持ってきて免許証を取り出しました。
そして、顔写真を確認され、念の為、生年月日も答えさせられて無事本人証明完了です。
部屋の中に入って、全裸のままペコペコ謝罪してお礼を言って、ようやく部屋の中で一人になりました。

全裸で部屋の外に出ていたのは、5分とかそんなもんだと思いますけど、体感で1時間以上にも感じました。
部屋に戻れて一安心と思ってソファーに座ると、太ももが濡れていました。
恥ずかしい目に合っただけなのに、なんで?
って思いつつも、濡れたままで気持ち悪かったのでシャワーで洗い流す事にしました。

全裸を人に見られて興奮してしまったとか?
という気持ちに気付いてしまって、最近してなかった事もあって、先程の痴態を思い出しながらシャワーオナニーしてしまいました(照)
とんでもないハプニング羞恥露出プレイをしてしまったけど、いつも以上に激しく逝ってしまいました。

もしかしたら自分が露出狂の才能があるのかもと思いつつも、オートロックに締め出されるような事は二度としないと固く誓いました。
皆様も、私のような目に合わないように気を付けてくださいね(´・ω・`)?
でも、全裸で締め出されている時は恥ずかしくて惨めでたまりませんでしたけど、終わってみるともう1回やってみたいという気持ちもあったりしたのは内緒です。

コメント